ロープレスキュー

ロープレスキュー

レスキュー&サバイバルノット

救助活動や緊急時において、正しいノットの知識は生命を救うことができます。ここでは、レスキュー&サバイバルノットの中から特に重要ないくつかを紹介します。これらのノットは様々な目的に役立ち、緊急避難や捜索救助の際に頼りになります。 アルパイン・...
ロープレスキュー

個人用保護具

個人用保護具(PPE)とはヘルメット、眼鏡、特殊な衣服、履物、手袋、聴覚保護具などを指し、救助隊員を保護するものである。従業員にPPEを無償で提供することが法律で義務付けられている。さらに、雇用機関はPPEの使用に関する適切な訓練を提供する...
ロープレスキュー

ラダー・レスキュー・システム

ラダーレスキューシステムは、高所や不安定な地形での救助活動において非常に重要な役割を果たします。このシステムは、傷病者を安全に、かつ迅速に移動させるために設計されています。そのためには、消防隊員やレスキュー隊員が特定の技術や器具を駆使する必...
ロープレスキュー

降下制御装置

スカラべ スカラベは、リック・リプケ(Rick Lipke)が開発したコンパクトな可変フリクション降下制御装置(DCD)です。懸垂下降用ラックに比べ、スカラベは非常にコンパクトなレスキューDCDです。アンカーからロープを外すことなく、ロープ...
ロープレスキュー

カラビナ

カラビナはバネ仕掛けのゲートを持つ金属製コネクターで、救助活動で部品を取り付けるために使用されます。名前はドイツ語の「Karabinerhaken」に由来する。レスキュー用途ではレクリエーション・クライミングで使われる軽量なデザインよりも強...
ロープレスキュー

レスキューロープ

テクニカル・レスキューの主要な道具であるロープには、古い歴史があります。初期の手作りロープの発祥は、紀元前17,000年までさかのぼります。初期のロープのほとんどは比較的短く、手縒りか編み込みでした。 海運の拡大と船の大型化により、より長い...
ロープレスキュー

安全係数と力

安全係数 あるシステムに対する安全係数(安全率とも呼ばれる)は、意図された荷重に対してシステムがどれだけ強いかを示すものです。ロープレスキューの場合、静的システム安全係数 (SSSF) は、機器の破断強度と最大荷重の比です。対照的に、動的安...
ロープレスキュー

コミュニケーション

効果的なコミュニケーション戦略は、作戦を調整し、すべての救助隊員の安全を確保するために極めて重要です。風、周囲の騒音、地形など、ロープレスキュー事故の環境条件はすべて、通常のコミュニケーションを妨げる要因になります。効果的な通信は、救助隊員...
ロープレスキュー

安全管理

作業の安全性に関する優先事項を覚えておくこと 自身の安全が最優先である 仲間の救助者は二番目に優先である。 対象者は第3の優先事項である。※私たちには、現場の傍観者を守る業務上の責任もあります。 常に安全が最優先です。安全でない行動を見かけ...
ロープレスキュー

救助システム(ローアングル)

ローアングル・ロープ・レスキューとは、ロープ上の傷病者が、ロープレスキュー器材だけではなく、救助者自身によって傷病者が支えられている救助環境を指します。 低角度、急勾配、高角度のロープレスキュー環境の違いを知ることで、訓練内容と資器材の選択...